MENU
カテゴリー

WEBデザイナーを目指す未経験者がスクールを検討した結果

こんにちは-!!会社に依存しない方法を模索中のchocoyamaです。

ブログを始めてみて気づいたこと、それは...「デザインって楽しい♪」ということ。

chocoyama

好きなことって何時間作業しても
全然苦にならず疲れないんですよね。

普段の仕事もこれぐらい楽しくできたらなぁぐらいに考えていたのです。

でも人生一度きり。

やらない後悔はしたくないので、WEBデザイナーを目指してチャレンジしてみようと思い立ちました。

まずは案件獲得できるぐらいのスキルを身につけるため、スクールを検討してみました。

目次

WEBデザイナーになるには具体的にどういう勉強をするの?

WEBデザイナーとは、依頼されたWEBサイトのデザインを担当する職業です。

デザインの知識・理論を知り、

Illustrator、Photoshop、HTML、CSS、Javascript…といったWEB制作に必要な

技術を身につけるだけでなく、

マーケティングによる集客やクライアントのニーズを把握し、提案する企画力など、

幅広い知識・スキルが必要なようです。

『いわゆる見やすさ、使いやすさを追求し、クライアントの希望を体現する仕事』

という認識をしています。

しかもその技術も日々新しくなっていきます。

chocoyama

常にアンテナを張って学ぶ必要があるんですね!

勉強方法について考える~独学orスクール~

勉強方法としては以下の3つがあります

  1. 独学
  2. オンライン学習
  3. 通学

それぞれのメリット、デメリットについてみてみましょう。

独学でのメリット・デメリット

まずどんな感じか知りたいなら独学がいいのかもしれません。

今はYouTubeやブログなど、無料でもわかりやすい教材がありますし、

WEBデザインに関する本もたくさん出版されています。

メリット、デメリットは次のようなものが考えられます。

・とにかく価格が安い

・自分のペースで学べる

・モチベーションの維持が大変

・つまずくと詰む

・学習環境を自分で整える必要がある

学びが身になるかそうでないかは全て自分の頑張り次第。

わからないことを自分で調べることでより身にはつきそうだなと思います。

高塚修治さん著の「いきいきWEBデザイナーの教科書」という本には独学のデメリットとして、

自己流になってしまうことで、実際に仕事を始めた時に苦労する】ことを挙げていました。

実際に独学でWEBデザイナーになった方ならではの視点です!!なるほど!!!

この本はステップ毎で何をすべきなのかわかりやすく書いてあり、非常に読みやすいのでオススメです。

chocoyama

kindleで読めますので気になる方はぜひ!!
(回し者ではありません。)

オンライン学習でのメリット・デメリット

校舎を持たないオンライン完結型のスクールや、通学制スクールにおいてもオンラインでの

学習講座を設けていることも多いです。

メリット、デメリットとして次のようなものが考えられます。

・場所、時間を選ばずに勉強できる

・オンラインで講師に質問でき、スクールに通う内容と同等の学習ができる

・モチベーションの維持がしやすい

・受講料が高い(15万~30万円程度)

・学習環境を自分で整える必要がある

スクールと同等の学習ができるのに受講料はおよそ半分。

ただしAdobe社のIllustrator及びPhotoshop等については自分で契約する必要があります。

遅かれ早かれ実際にWEBデザインをするには必須ですからあまりデメリットに感じません。

自宅でインターネット環境が整っているなら選択肢としてはアリですね!!

通学でのメリット・デメリット

有名なところだとデジタルハリウッド、テックキャンプ、KENスクール、ヒューマンアカデミーなど。

メリット、デメリットとして次のようなものが考えられます。

・モチベーションが維持しやすい

・講師に直接質問、相談できる

・自宅の学習環境に左右されない

・フォローが手厚い

・受講料が高い(約40万円~)

・通うのが大変

教室内に同じような目標を持った仲間がいること、わからないことはその場ですぐに質問できることは大きな魅力です。

通学で一番のネックは受講料でしょう。

人間はタダのものよりお金を払った方がしっかり吸収する生き物だと思っています。

また、今後WEBデザイナーとして働くことを考えると、

頼れる仲間に出会えるのは金額以上の大きな財産になるのではないでしょうか。

本気で検討!!オンラインスクール4選+1

・自分のペースで手軽に始められる独学。

・自宅で好きな時間にしっかり学べるオンライン。

・仲間と共に学ぶことでモチベーションを維持しやすい通学。

勉強は好きですが、実際仕事しながら独学で勉強するってなかなかハードルが高い。

さらに勉強はできても、『稼ぐ』ステップへ繋げる自信が私にはありませんでした。

chocoyama

(してらっしゃる方、本当に尊敬します。。。)

かといって平日はガッツリ仕事なのでスクールに通うとすれば土日祝しかない。

そう考えると自分にとってベストな選択はオンラインでの学習を取り入れようという結論に至りました。

学習期間を2~3ヶ月程度と仮定し各種スクールを検討してみました。

TechAcademy(テックアカデミー) WEBデザインコース

受講期間12週間
料金(税込み)284,900円
学習時間目安/週14~18時間
習得できるスキル・Webデザインの原則
・ワイヤーフレーム
・Photoshop
・HTML/CSS
・Sass
・jQuery
対応時間15:00~23:00
学習方式自習+マンツーマンメンタリング
その他コース 4週間プラン 174,900円(40~50時間)
8週間プラン 229,900円(20~25時間)    
16週間プラン 339,900円(10~13時間)

TechAcademyは実務経験のある現役WEBデザイナーがサポートしてくれます。

さらに無料の転職支援サービスを受けることができます。

侍エンジニア塾 WEBデザインコース

受講期間12週間
料金(税込み)受講料 198,000円
入学金  98,000円
学習時間目安/週20~25時間
習得できるスキル・Photoshop
・Adobe XD
・HTML/CSS
・Wordpress
・JavaScript
対応時間8:00~22:00(時間外相談可)
学習方式マンツーマンレッスン+チャットサポート
その他コース4週間プラン 166,000円(10~15時間)    

侍エンジニア塾は専属のマンツーマン講師とひとりひとりに合わせたカリキュラムで学習できます。

特にオリジナルWebサイト制作に特に力をいれており、実践的なスキルが学べそうです。

なんと挫折率はたったの8%!!

CodeCamp(コードキャンプ) デザインマスターコース

受講期間2ヶ月
料金(税込み)受講料 165,000円
入学金  33,000円
学習時間目安/週20~25時間
習得できるスキル・Photoshop
・Illustrator
・HTML/CSS
・JavaScript/jQuery
・Bootstrap
対応時間7:00~23:40
学習方式自習+マンツーマンレッスン+チャットサポート
その他コース4ヶ月プラン 275,000円(10~15時間)
6ヶ月プラン 330,000円( 5~10時間)    

Code campでは自分に合う講師を選べます。

教え方とかも大事ですが、やはり合う合わないって重要ですよね。

選択肢が与えられている安心感があります。

SKILLHUB(スキルハブ) フリーランス・デビュー支援プラン

受講期間3ヶ月                     
料金(税込み)252,780円
学習時間目安/週-時間
習得できるスキル・デザイン法則、色彩理論等の知識
・HTML/CSS
・Illustrator
・Photoshop
・Wordpress
・WEBマーケティング
・オリジナルサイト制作
対応時間平 日 9:00~20:00
土日祝 9:00~18:00
学習方式自習+マンツーマンサポート(12回)
その他コース4ヶ月 340,780円
5か月 406,780円

SKILLHUBは何といっても無料講座が充実している点が魅力。

HTML、CSS、Illustrator、Wordpress、jQuery…などなど13講座もあるんです。

仕事をする上で重要なWEBマーケティングが学べるのも嬉しいです。

(おまけ)KENスクール Web実践コース

受講期間約6ヶ月
料金(税込み)受講料 269,951円
入学金  33,000円
学習時間目安/週
習得できるスキル・Photoshop
・Illustrator
・HTML/CSS
・Dreamweaver
・JavaScript/jQuery
対応時間平 日 10:00~20:30
土日祝 14:00~18:00
学習方式マンツーマンレッスン        
その他コースWeb Basicマスターコース(約3ヶ月) 155,100円
Web実践就転職総合コース(約6ヶ月) 360,305円

KENスクールは完全個別指導で対話しながら授業を受けることができます。

自分で授業のコマを予約して受けるスタイルです。

不明点をその場で聞けるのはとても助かります。

おまけとしたのは学習期間が仮定したものより長かったからです。

短期間のBasicマスターコースはPhotoshop、HTML/CSS、Dreamweaverの3講座のため、

実践では物足りないのではないかと判断しました。

ただし、トータルの学習時間が66時間ということなので、ガッツリ進めていけば6ヶ月より早く終えることができそうです。

chocoyamaが選んだ勉強方法はコレ!!

今回調べたスクール以外にも色々見たのですが、chocoyamaの進め方としては

  1. SKILLHUBの無料講座を利用し、基礎的な知識をつける
  2. Code campのデザインマスターコースで自分のものにしていく
  3. クラウドサービスを使って実際に仕事をしてみる

今のところこんな感じでいこうかなと考えています。

金払った方がいい的なこと言っといて無料講座かよ!!!!

って声が聞こえてきそうですね(笑)

有料講座は期間が決まっている分無駄にしたくないのが本音です。

無料教材をうまく活用しながら学ぼうと思います。

Code campを選んだ理由としては基本的な項目をおさえながらの低価格とマンツーマンサポートです。

また朝早くから利用することができるので、仕事の前にちょこっと勉強できるというのも

使い勝手がよさそうだと感じました。

chocoyama

SKILLHUBでの理解度によっては単科講座を探すのもあり!!

ちなみにプログラミングは好き・嫌いがハッキリしていると聞いたことがあったため

HTMLとCSSについては事前にどんなものなのかProgateの初級編で確認済です。

「へぇー!!なるほど!!」って感じでした(笑)

よくわからないコードの羅列でデザインできるって面白いなと思いましたが、

勉強→実践への繋げ方がイマイチわからず...

これは独学だと挫折するなと悟った次第です。

まとめ

今回は全くの未経験者がWEBデザイナーを目指す際の第一歩、勉強方法とスクールについて検討しました。

  • WEBデザイナーになるための必要な知識について
  • 各勉強方法のメリット、デメリットについて
  • オンラインスクールの比較

chocoyamaはSKILLHUB+Code campの併用で勉強していく予定です。

各スクールで無料体験等も用意されているので気になる方はチェックしてみてください。

同じようにWEBデザイナーを目指している方の参考になれば嬉しいです。

「ここのスクールよかった」「この講座は受けた方がいい」などなどご意見があればぜひ教えてくださいね!!

ではまた☆

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる